「名刺を読み取る」で他人の名刺を撮影する

最終更新日:

Last update :

OCRという技術を利用して、スマートフォンで名刺を撮影するとすぐに「名前」「会社名」「メールアドレス」「会社電話番号」をデータ化します。
撮影した時点で相手の名刺データが読み取れているためすぐにEight上で相手と繋がることができます。

他人の名刺撮影方法については複数撮影方法があるため、🔰名刺撮影ガイド〜他人の名刺編〜をご参照ください。

目次

  1. 「名刺を読み取る」でデータ化する際の注意点
  2. 「アプリ版Eight」名刺を読み取るで他人の名刺を撮影する

「名刺を読み取る」でデータ化する際の注意点

補正はされますか

すぐに利用ができるように、「名前」「会社名」「メールアドレス」「会社電話番号」を表示しますが、4項目を含め、その他の項目も並行してデータ化が行われます。

両面撮影はできますか

「名刺を読み取る」機能を利用した両面撮影はiOS版Eightのみ対応しています。
Android版Eightで両面撮影をしたい場合は、「連続スキャン」で他人の名刺を撮影するをご参照ください

「アプリ版Eight」名刺を読み取るで他人の名刺を撮影する

STEP1 カメラマークをタップする

STEP2 「名刺を読み取る」をタップする

STEP3 (両面撮影する場合のみ) 両面撮影をONにする

「名刺を読み取る」機能を利用した両面撮影はiOS版Eightのみ対応しています。

STEP4 名刺を撮影する

青い丸が出ている状態になると名刺を読み取れている状態です。
下記の画像の場合は2枚読み取れています。

その状態で、撮影ボタンをタップしてください。

STEP5 (両面撮影する場合のみ) うら面を撮影する

おもて面の残像が表示されます。
なるべく位置を合わせて名刺のうら面を撮影してください。

おもて面同様、青い丸が出ている状態になると名刺を読み取れている状態です。
下記の画像の場合は2枚読み取れています。

その状態で、撮影ボタンをタップしてください。

 

STEP6 (両面撮影する場合のみ) ペアが問題ないか確認して「次へ」をタップ

ペアが問題ないか確認してください。
問題があった場合は、Xを押すことで再度撮影することができます。

おもて面の撮り直しはできませんのでご注意ください。

STEP7 名刺交換日を登録する

名刺交換日を登録します。
相手とつながった場合、名刺交換日は相手と共有の項目になります。

STEP8 マイタグやメモ、画像を追加する

マイタグ、メモ、画像メモを追加することができます。
追加する場合は+マークをタップしてください。

各機能の詳細は以下をご参照ください。

マイタグ:マイタグとは
テキストメモ:メモ機能とは
画像メモ:画像メモ機能とは

STEP9 招待リクエストを送るか選択する

つながっていませんと表示された場合は、相手がEightを利用していません。
今回の名刺登録と一緒に、Eightに招待するメールを送信することができます。

こちらの機能はデフォルトはOFFになっています。
招待メールを送信する場合はEightに招待するをご参照ください。

STEP10 「名刺を登録」をタップする

この記事は役に立ちましたか?

176人中81人がこの記事が役に立ったと言っています