クイックスキャンで自動認識した名刺情報について

クイックスキャンとは

 複数枚の名刺をまとめて撮影する方式です。相手がEightユーザーなら撮影した直後にすぐにつながれます。クイックスキャンで他人の名刺を撮影すると、以下のいずれかの動作になります。(※1~2)

  1. 相手もEightを使っていた場合、その場でつながる
     相手とつながった場合は、相手の最新名刺が確認できるようになります。
    つながりについては[つながりとは]をご参照ください。

  2. 相手がEightを使っていない場合、つながらずに名刺がデータ化される(※3)
     名刺は二段階に分かれてデータ化されます。まず、クイックスキャンで自動認識(OCR)した以下の情報が、相手のプロフィールの[情報]または[名刺情報]に表示されます。
  • 氏名
  • 会社名
  • メールアドレス
  • 会社電話番号

 また、並行して、入力スタッフによるデータ化も行います。もし、自動認識した情報が誤っていたとしても、追って補正されますのでご安心ください。

※1 最大撮影可能枚数は4枚です。
※2 クイックスキャンでは裏面画像の登録が行えません。裏面画像も登録したい場合は連続スキャンにて両面撮影を選択してください。
※3 Eightプレミアムをご利用のユーザーの場合は、入力スタッフによるデータ化の工程で、全項目データ化されます。

この記事は役に立ちましたか?

22人中18人がこの記事が役に立ったと言っています