どこでもスキャンを利用するには

ご利用の準備
EightScanアプリの利用方法
スキャンした名刺の編集方法
トラブルシューティング

どこでもスキャンについての詳しい説明は、[どこでもスキャン紹介ページ]を参照ください。 

スキャンスポットに設置されているどこでもスキャンの利用方法は、以下を参照してください。

ご利用の準備

Eight scanアプリのダウンロード

 Eight scanアプリは、以下よりダウンロードしてください。

[App Store]
[Google Play Store]

Eight scanアプリの利用方法

  1. Eight scanアプリを起動(※1)
  2. [スキャナの準備を始める]をタップ
  3. スキャナの蓋が閉まっている事を確認し[次へ]をタップ
  4. スキャナのランプが青からオレンジになった事を確認して[次へ]をタップ(※2)
  5. Wi-Fiを接続しEight scanアプリを再起動(※3)
  6. [スキャン画面へ進む]をタップ
  7. 名刺をセットしたら[スキャン開始]をタップ(※4)
  8. 読み取り後スキャナの蓋を閉めてください
  9. [スキャナとの接続が解除されました]の画面で[OK]をタップ(※5)

※1 Eight scanを利用するには、前提としてEightでアカウントの認証(本人確認)をしている必要があります。
※2 ランプが青い状態で[次へ]を選択すると失敗する可能性があります。
※3 iPhoneで利用する場合は、端末のWi-Fi設定よりスキャナと接続してください。Androidは自動的に接続が行われます。
※4 名刺のスキャンは一度に20枚までです。20枚読み取り後さらに追加して読み取ることが可能です。
※5 このタイミングで待ち受け画面などにした場合、データが消える可能性があります。

スキャンした名刺の編集方法

 接続解除後、スキャン済み名刺一覧画面が表示されます。(※5)
名刺の向きは自動で修正が行われますが、おもて面、うら面に関しては修正されないためこのタイミングで修正をお願いいたします。

 問題なければ[名刺を登録する]ボタンをタップすると、Eightに名刺データが送信されます。

また、スキャン済み名刺一覧画面では以下の操作が可能です。

  • スキャンした名刺の一括削除
  • おもて面、うら面の切り替え(※6)

※5 このタイミングで待ち受け画面などにした場合、データが消える可能性があります。
※6 おもて面、うら面の切り替えは一括で修正ができません。1枚ずつ修正をしてください。

トラブルシューティング

スキャナに接続していないのにランプがすぐに、オレンジから青になってしまう

 オレンジになったあとすぐに青になる場合、周囲にあるスマートフォンがWi-Fiにつながってしまった可能性があります。当事象が発生した場合はスマートフォンの電源を再起動後、再度お試しください。

スキャナとWi-Fi接続ができません

 スキャナに記載のパスワードを入力しても接続できない場合は、スマートフォンの再起動後、再度お試しください。また、既にWi-Fiにつながっている場合は、うまく接続が切り替えられていない可能性がございます。Wi-Fiに接続していない状態でお試しください。

この記事は役に立ちましたか?

52人中27人がこの記事が役に立ったと言っています