登録していた名刺の枚数が減った

名刺アプリ Eight サポートデスク -

登録していた名刺の枚数がいつの間にか減ってしまった場合、複数枚登録されていた同じ人物の名刺が、1枚を残して自動的に削除されたケースが考えられます。これは、該当の名刺の相手とつながっている場合に起こります。 

Eightでつながった相手の名刺(名刺A)について、同じ人の名刺を追加で登録すると(名刺B)、名刺Bはデータ入力が完了した時点で削除されて名刺Aの情報が残ります。
名刺Aは相手がプロフィールとして管理している名刺であるため最も新しく正しい情報だという認識の元、同じ名刺が重複して残らないようにすることを意図しております。 

なお、この「同じ人の名刺」だという判断は、名刺に記載されているメールアドレスに基いています。 
例えば名刺に記載されているメールアドレスが会社で共有のもの(info@xxx.co.jpsales@xxx.comなど)の場合、実際には別人の名刺であっても名刺が削除されます。 
そのため、つながっていない人物の名刺であっても消えてしまうという状態になります。